2010年11月24日

少年に「爆弾」バッグを調べさせた兵士ら解放

Donald Macintyre、エルサレム
2010年11月22日月曜日

 ガザの9歳のパレスチナ少年に、爆発物が入っていたかもしれないバッグを調べるよう命じて有罪を宣告された兵士ふたりは、昨日、降格され懲役刑留保を与えられ、投獄を免れた。

 元徴集兵らは、軍事法廷が、ガザでのイスラエルの2008-09年軍事攻撃で、母親から引き離して少年に、バッグふたつを開けるよう強いたと認め、曹長から軍曹に降格された。どちらもGivati旅団の男ふたりはまた、3カ月の執行猶予を与えられた。

 判決は、少年の母親、アファフ・ラバと、人権機関、Defence for Children International (DCI) により批判された。DCIは、人間の盾の使用が、高等裁判所が2005年に実施を不法と定めて以来、軍自身の規則に反すると強調した。

(略)

全文:The Independent

 イスラエルでも「人間の盾」使用が「不法」とは知らなかった、あまりに頻発するので。まあ、5年前の決定だから最近のこと、しかし、刑罰免除なら「不法」でないのと同じ。


posted by mizya at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。