2010年11月25日

「戦争犯罪人」リークがイスラエル社会の核心に一撃

Paul Larudee
2010年11月22日

 イスラエルで知られざる分子が、伝えられるところでは、2008-2009年のガザ侵攻に加わったイスラエル軍兵員200名の氏名、階級、識別番号、他の情報をリークした時、イスラエルの情報筋によると、結果は、突然で甚大だった。

 それが掲載された第一のサイトは、ホストにより取り去られたが、電子メールで伝わり続け、少なくとも他の1つのサイトに載っていた。イスラエル軍と他のイスラエル機関は、伝えられるところでは、それが掲載されるあらゆるサイトを閉鎖し、「ウイルス化」を防ぐ、彼らがすることができるすべてをしている。少なくとも、サイトにリンクする人気あるブログが、記録的数の殺人予告を受けた。

 このリストについての何が、それほど特別なのか? 評論家何人かが指摘したように、それはリスト掲載の個人が遂行したと申し立てられる犯罪を述べてさえいない。

(略)

 大きな分量失われたものは責任だ。 いかにも、通常膨大な努力で、孤立した勝利は得られた。イスラエル内で、イギリスの人権ボランティア、トム・ハンダルの狙撃者の有罪判決といった、名ばかりの裁判と処罰が、体面の見え透いた仮面をイスラエル司法制度に提供し続ける。イスラエルの支配を越えて、しかしながら、イスラエル上級役人らは、法執行の行動を恐れて、増加する諸国への旅行回避に直面してきた。それにもかかわらず、普通のイスラエル人は、まだ直接に、そうした圧力の対象と感じさせられることはなかった。

 200名のリスト公表は、すべてを変える。リストは、高官数名の氏名を含むが、指名されたものの多くは、低い階級にあり、軍曹まで行き着く。結果は、普通のイスラエル人に、彼らもまた、良い関係のある高級官吏が享受するかもしれない保護もなく、海外で逮捕の対象になるかもしれないと心配させることだ。彼らは、したこと、あるいはしろと命じられたこと、あるいは他のものにするよう命じたことを知っており、そして彼らは、彼らの政府が殆ど制御及ばない海外の法律により、責任を負わせられるかもしれないと危ぶむ。

 イスラエル人の多くは、反ユダヤ主義の世界が、シオニストの試みを停止する口実を探していると既に恐れている。 それはしたがって、彼らが、パレスチナの権利を支持し、イスラエルの乱用に反対して明確に話すわき上がる声のコーラスに、質草 - あるいはスケープゴート - になり得ると信じることは、大きな飛躍ではない。

 これと結合するのは、多くの意識で、国民的強迫観念で殆ど権利の、外国で休暇を過ごすイスラエルの依存症である。(略:面白いけど長い、他の記事を読みたくなる)

全文:Dissident Voice

 イスラエルのこのリークは、情報の完全を欠くとしても、自国の犯罪のリーク、自国の暴力を止めようとする方向性を有するもので、「尖閣諸島衝突事件」映像のリークと方向性は異なると、指摘しておきたい。


posted by mizya at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。