2010年11月25日

イスラエル軍が投獄のビリン活動家の息子を夜襲して逮捕

2010年11月23日
民衆闘争調整委員会

 今朝午前2時30分、イスラエル軍は、武装軍用ジープと徒歩でビリン村に入り、投獄の組織者、アディーブ・アブ・ラフマの家の取り囲みに移った。覆面の兵士グループは、令状を示すことなく暴力的に家に押し入り、アディーブの一人息子、16歳のモハメドを逮捕した。彼の父親が17カ月前逮捕されて以来、モハメドは、家族の唯一の衣食調達者として務める。

 襲撃で、兵士らは暴力的に、写真家の襲撃の撮影を妨げようとして、地元カメラマン、ハイタム・ハティーブを殴りつけ、カメラを壊した。

(略)

背景
 38歳のタクシー・ドライバーで9人の父親、勇敢な活動家のアディーブ・アブ・ラフマは、2009年7月10日のビリンでの週一回の抗議行動のひとつで逮捕された。デモンストレーションに参加しない条件で、彼を釈放する最初の判決は、2009年7月21日に、軍検察当局が上告して翻された。裁判官は、彼に対する法的訴訟行為終了まで、再拘留で留め置かれるべきと裁決した。

 結局、2010年6月30日に判決を下され、彼は「煽動」と「公安に対する活動」で有罪を宣告された。これら露骨な軍令は、平和的抗議行動を犯罪とするため、イスラエルによりますます使用される。

(略)

全文:International Solidarity Movement

 ビリンには「アブ・ラフマ」姓が多いようだ。もうひとりのアブ・ラフマの記事。


posted by mizya at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。