2010年11月27日

リヴニ:ネタニアフは和平のために土地を手放すにはあまりにも弱すぎる

2010年11月22日

野党党首は、カディマが、領域からのいかなる撤退も一般国民投票に計ると条件づける、リクード法案に反対票を投じると語る。
Haaretz Service

 ベンヤミン・ネタニアフ首相は、彼が自ら決定するにはあまりに軟弱で、今後の和平協定の一部として、土地を放棄するかしないかの決定を手渡そうとしていると、野党党首、ツィピ・リヴニは、月曜日、語った。

(略)

全文:Haaretz.com

気まぐれのニュース解説:
 占領地からの撤退は「二国家解決」、占領地併合はつまるところ「一国家解決」に行きつく。イスラエルのナショナリストたちは「神の与え給う土地」を囲い込みたいが、パレスチナ人を殺戮し追放しない限り、そこはユダヤ国家とはなり得ない。マジョリティーとなるだろうパレスチナ人のイニシアティヴを避けるならば、占領地から撤退し、そこにパレスチナ国家を認める他ない、とリヴニは考える。しかしナショナリズムに傾く国民は、極右、リクードを選択した。リヴニから見るなら「亡国」に向かっている。
 ナショナリズムは常に破滅に向かうと、歴史が教えてくれる。まあいい、なくなって惜しい国などないのだから。


posted by mizya at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。