2010年11月28日

2国家解決よ、安らかに眠れ

Stephen M. Walt
2010年11月23日火曜日

 昨日、イスラエル国会は、占領地からの いかなる今後の撤退も国民投票を必要とする、いわゆる国民投票法に、65-33で承認票を投じた。イスラエルのジャーナリストDimi Reiderによると、新法は:

「イスラエルのいかなる領域 - 世界の中で唯一イスラエルだけが、その中にゴラン高原と東エルサレムを含める - からのいかなる撤退も、全国規模国民投票通過を条件とし、クネセト(国会)は、法を却下するために、議員120人のうち80人の特権的大多数を必要とするだろう」

 言い換えるなら、2国家解決に別れのキス。(略)

全文:Foreign Policy

アーカイヴ:リヴニ:ネタニアフは和平のために土地を手放すにはあまりにも弱すぎる(11月27日)


posted by mizya at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。