2010年11月29日

イスラエルがベドゥイン村破壊で非難

2010年11月25日

 アムネスティ・インタナショナルは、7月以来7回目となるイスラエル南部でのベドゥイン村破壊に続き、イスラエル当局を非難した。

 先月の先立つ破壊の後、ネゲヴのアル-アラキブ村住人が建設した当座しのぎの家屋は、11月22日、イスラエル土地行政により、押し潰された。すべてイスラエル市民である住人は、再び暴動警察により追い立てられた。

「わたしたちは、彼らが何世代にもわたって住んできた土地から、アル-アラキブ住人を強制的に追い立てる目論見のこれら繰り返される破壊を非難する」と、アムネスティ・インタナショナル中東・北部アフリカ局次長、フィリップ・ルターは語った。

(略)

全文:Amnesty International

アーカイヴ:アル-アラキブ破壊の陰に何があるのか:ネタニアフとアハラノヴィチの戦い(10月04日)


posted by mizya at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。