2010年11月29日

トム・ハンダルの本の資金集めキャンペーン開始

Trolley Booksは、2003年、ガザで殺された若いイギリス人フォトジャーナリストで平和活動家、トム・ハンダルの写真と文章に基づく本の資金集めキャンペーンに乗り出した。

オリビエ・ローラン
2010年11月26日

 トム・ハンダルは、2003年4月に、パレスチナの子どもたちを安全に移動させる間、頭を撃たれたとTrolley Booksは語る。彼は9カ月後、ロンドン病院で死んだ。

 ハンダルは、若いフォトジャーナリストで平和活動家で、書籍『残っている唯一の家 - トム・ハンダル中東日誌』は、彼の日記と詩からの個人的文章同様、彼への発砲に向け走り抜けた数週間の写真のすべてを含むだろう。書籍は、ロバート・フィスクにより序文が書かれることになっている。

 書籍の出版財源に、Trolley Booksは、Indiegogoオンラインプラットホームを使い、8週間の資金公募キャンペーンを開始している。Indiegogoは、ハンダル・プロジェクト支援者が5ポンド以上いくらでも担保しうるだろう、報酬のための担保社会プラットホームだ。「例えば25ポンドの担保は、事実上、書籍1部の事前発注で、支援者は印刷されたなら最初に受け取るだろう」と、Trolley Booksは語る。

(略)

全文:British Journal of PHOTPGRAPHY

アーカイヴ:「戦争犯罪人」リークがイスラエル社会の核心に一撃(11月25日)


posted by mizya at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。