2010年11月29日

ラビンの息子がイスラエルの和平イニシアティヴ提出

2010年11月26日

ユヴァル・ラビンと実業家、Koby Hubermanは、2002年のアラブ和平イニシアティヴへの応答を提案する:「故国の2つの首都」エルサレムと共に、1967年境界に基づくパレスチナ国家。
Akiva Eldar

 故イツハク・ラビン首相の息子、ユヴァル・ラビンは、イスラエル和平イニシアティヴ (IPI/Israeli Peace Initiative) 、2002年のアラブ和平イニシアティヴへの応答を提唱するため、実業家で社会活動家、Koby Hubermanと提携した。

520512581.jpg
彼の父親、故イツハク・ラビン首相の公式追悼式典のユヴァル・ラビン。
Photo by: Israel Government Press Office

 ウェブサイト、bitterlemons.orgに公表された記事で、ラビンとHubermanは、APA (アラブ和平イニシアティヴ - APIのミスタイプ - mizya) への応答に代えて、イスラエル政府が、闘争を終わらせる平行的提案 - IPIを提示することにより「イエス」と言うべきと提案した。

(略)

 詳細なIPI提案はすぐ、英語、ヘブライ語、アラビア語で発表されるだろうし、概説された原則は以下の通り:

1. 1967年境界に基づく実行可能なパレスチナ国家と1対1土地交換
2. 故国のふたつの首都としてのエルサレムと聖なる窪地での特別協定
3. パレスチナ国家内の難民の同意される解決策 (象徴的例外で)
4. 前提条件ではなく交渉の結果としての2国家の正真正銘の国家帰属意識の相互承認
5. アラブ市民のための市民的平等に関する1948年のイスラエル独立宣言の基礎となる原則の繰り返し
6. 国際的構成要素との長期の安全保障措置。

(略)

全文:Haareta.com

 パレスチナ国家外のパレスチナ難民を忘れろと?


posted by mizya at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。