2010年12月02日

MSD:占領以来、イスラエルは東エルサレムで1,485棟を破壊した

2010年11月30日

images_News_2010_11_30_demolition-0_300_0.jpg

被占領エルサレム、(PIC)-- Al-Maqdesi社会促進基金 (MSD) は、イスラエルが、1967年以来、被占領エルサレムの東地域で、パレスチナ家屋1,485棟を破壊してきており、2009年と2010年に、この同じ領域で、家屋破壊命令1,322通を発行したと語った。

 基金は、仮にイスラエル占領当局がこれら命令を実施するなら、子どもたち1,699人と女たち807人を含む、パレスチナ人3,655人を彼らの家から退去させることになるだろうと注意喚起した。

(略)

全文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック