2010年12月03日

国連報告がエルサレムからパレスチナ人を追放するイスラエルの奮闘を暴く

2010年11月29日

カイロ – PNN - カイロ拠点の国連人道問題調整事務所 (OCHA) は、月曜日、エルサレムのイスラエル人入植者らが、11月10日と11月23日の間、東エルサレムのジェベル・アル-ムカバル地区の3階建てパレスチナアパートを押収するためイスラエル警察と協同したと述べる報告を発表した。

 その結果、3家族、子どもたち5人を含む14人が一斉に、立ち去った。

 OCHA報告は、入植者らが、取引が論争となる、数年前亡くなった親族からアパートを買ったと述べた。建物のパレスチナ人所有者たちは、販売の書類を示すよう要求し、それらは詐取されたと申し立てた。

 OCHAは、これは今年はじめから、建物が入植者らにより強奪される2回目と主張した。 7月、旧市街で入植者らは、パレスチナ8家族、あるいは全部で29人の脱出をもたらす、戸建て住宅8棟を接収した。

原文:Palestine News Network


posted by mizya at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック