2010年12月03日

フォーク: 長期にわたる占領の新たな人道に対する罪

2010年11月29日月曜日

ジュネーヴ (Ma'an) -- イスラエルによるパレスチナ領域の長期にわたる占領は「人道に対する新たなタイプの罪」であると、国連専任使節は、月曜日語った。

 パレスチナ領域人権に関する国連代表、リチャード・フォークは、43年に及ぶイスラエルによる占領でパレスチナの人びとに課された状況に向け、国際人道法の新条約原案を作成するよう、国際社会に促した。

(略)

 人権専門家は、「パレスチナの人びとに降りかかった人道的災厄」終結に向けた効果的行動を取ったかどうかで、世界は将来裁断されると語った。

 さらに、イスラエルの「虐待的占領」終結に緊急の専心を果たさないなら、国連と諸国政府は共謀していると審判されるだろう。

 イスラエル-パレスチナ交渉は、国際法の原則により誘導されるべきと、フォークは語った。これら原則は、エルサレムを含む、1967年以来占領された土地からの撤退、入植地の解体、国際的に承認された境界の保証、国連決議に従う難民問題の解決を要求した。

(略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。