2010年12月07日

2010-12-04:WikiLeaksに関する国境なき記者団声明

Submitted by admin
2010年12月04日土曜日

RSF:WikiLeaksは追い回されるのか?

Reporters Sans Frontières (国境なき記者団) は、WikiLeaksとCablegateに関する公式声明を発表した。フランス語版はこちら

「国境なき記者団は、米国外交公電に専念するウェブサイト、cablegate.wikileaks.orgに向けられた、妨害、サイバー攻撃、政治的圧力を非難する」。組織はまた、WikiLeaksとその創設者、ジュリアン・アサンジに関するアメリカ当局による極端なコメントのいくつかを懸念する。

(略)

 これは、透明性の原則に捧げられたウェブサイトを、国際社会レベルで検閲しようと企てるのを、わたしたちが見た初めてのものである。わたしたちは、フランスや合衆国といった国々が突然、表現の自由に関するその政策を、中国のそれらと列をなしたのを見いだして衝撃を受けた。わたしたちは、フランスと合衆国で、ウェブサイトが閉じられるべきか否かの決定は、政治家ではなく、裁判所がやるべきことと指摘する。

(略)

全文:WL Central


posted by mizya at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | statement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。