2010年12月08日

イヴェット・クーパーが輸入食品でイスラエル入植者ラベルを求める

クーパーは、EUが、被占領西岸生産品を特定するスーパーマーケットの例に倣うよう望む

Nicholas Watt
The Guardian
2010年12月04日土曜日

 イギリスは、被占領領域から輸出される食品の大ヨーロッパ全体の透明性を押し進めることで、西岸での違法入植地建設を停止するようイスラエルに対する圧力を上げるべきと、今日、イヴェット・クーパーは語る。

 Guardianとのインタヴュで、彼女は、政府が、イスラエル入植者らによる生産品を特定するラベル導入でEUを説得するよう求める。

 影の外務大臣として、中東への彼女の初の訪問後話したクーパーは、EUに被占領西岸での生産品を特定するスーパーマーケットの例に倣うよう望む。

 労働党は、イスラエル製品ボイコットに反対だが、クーパーは、製品が違法入植者らにより生産されるか否か、消費者は知らされるべきと考えている。

(略)

全文:Guardian.co.uk

アーカイヴ:EU法廷:西岸商品はイスラエル製ではない(02月27日)


posted by mizya at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック