2010年12月09日

ヨーロッパ初、フランスが独立パレスチナ承認

2010年12月08日水曜日
Alessandra Bajec - IMEMC & Agencies

フランスは、1967年境界に基づく自由で独立したパレスチナ国家を承認するだろうと発表したと、Press TVは報道で述べた。

 フランス外務省報道官、Bernard Valeroは、火曜日、フランスが、そうするヨーロッパ初の国となる、パレスチナ国家の成立を歓迎すると明かした。

 先週中、アルゼンチン、ブラジル、ウルグアイすべてが、彼らは1967年境界内のパレスチナ国家を承認すると発表した。

(略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:ブラジルがパレスチナ承認を明白にする(12月06日)

 そうするとニコラ・サルコジのパレスチナ大使信任状受理は、思いのほか真摯なものだったかもしれない。
 ニッポンが承認するのはいつだろう。米国が承認した後だろうから、きっと、ビケ、米国はイスラエルの承認を待つだろうか。パレスチナ承認でビケをイスラエルと争うことになったらカッコ悪過ぎ。


posted by mizya at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック