2010年12月09日

米国が入植地凍結命令に失敗

米国が、入植地建設凍結をイスラエルに説得する努力を保留。

2010年12月08日

2010926104925900734_20.jpg
パレスチナは、彼らが将来の国家に望む土地に、ユダヤ人入植者らが建設する間、交渉しないと語る [EPA]

 合衆国は、パレスチナ-イスラエル和平会談を深い混乱に投げ込むことになる、イスラエルに西岸でのユダヤ人入植地建設凍結を更新させる要請を保留した。

 ホワイトハウスと国務省は、火曜日、新たな入植凍結と和平会談蘇生を仲介する何週間もの努力は、何処にも辿り着かなかったと明かした。

(略)

全文:AlJazeera

アーカイヴ:イスラエルへの戦闘機30億ドル:謝礼か買収か?(11月18日)

 つまり「イスラエルへの戦闘機30億ドル」は「ただ取り」されるのだろうか。この供与が取り消されるとの記述は、これまで届いている記事にない。イスラエルに要求されるまま、この供与を書面で誓約した米国は、イスラエルに「入植地建設凍結」誓約を書面で要求しなかったのだから、マヌケという他ない。


ラベル:米国
posted by mizya at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック