2010年12月13日

イスラエル軍ミサイルが住宅に命中

2010年12月12日

2010年12月10日
国際連帯運動 (ISM)、ガザ

 12月9日は、大惨事となり得たものから、神の加護があった日として、アッシルサウィ家により、忘れられないだろう日である。午前11時15分、強力なミサイルが、この家族の家の背後の壁を突き破り、寝室のひとつを抜けて突進し、衣装ダンスと扉を砕き、廊下を通って滑空し、それが壁で止まった反対の寝室の鏡台を粉砕した。

 ミサイルの見かけは、外観は威嚇的ではない:それは、10cm幅で、長さおよそ40cm。それは殆どアンティークに見えるが、破壊の経路が致命的武器と証明する。「アルハムドリッラー、神のおかげで、わたしたちはまだ無事だ」と、マスードは、腕に1歳を抱いてため息まじりに言う。

(略)

21-400x300.jpg
幅10cm、長さ40cmのミサイル

 砲弾は、アッシルサウィ一家が住むアッシュジャイエから2km以上離れた、カルニ検問所近くのイスラエル戦車から発砲された。「わたしたちは、何が起こったのか、何故彼らがそのようなミサイルを我が家に発砲したのか知らない。わたしは、このように攻撃される何をわたしたちがしたのか知りたい。恐らくそれは手当り次第の砲撃か、あるいは恐らく彼らはただ民間人を気にしない」と男たちのひとりが思案する。

 金属砲弾は、2つの部品に破裂し、現在、空の円筒を見せる。家族は、それが爆発しなかった矢弾砲弾と確信する。 イスラエルの人権組織、B'tselemは、ガザ回廊での釘爆弾使用は違法と主張する。

全文:International Solidarity Movement
posted by mizya at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/173223122
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。