2010年12月14日

地域的圧力の後、Adidasがエルサレムマラソン後援再考

2010年12月12日

 金曜日のMaarivの記事は、ことさらひどく書かれており、反復が多いので、わたしが纏めるつもり。

 エルサレム市長、Nir Barkatは、2011年3月の第1回エルサレム国際マラソン開催を決める。彼は、イヴェント後援にAdidasを得る。ひとりのイスラエル人ランナーは、登録しそして、ルートが、東エルサレムの差別と強奪の最も言語道断な実例を通っていると見いだす:シェイフ・ジャッラ、イッサウィヤ、シュアファト難民キャンプ、ジャベル・ムカベル、スル・バヘル(地図参照:原文で)。

 彼は、エルサレム市議会のメレツ代議員たちにアプローチし、そして彼らは、国際人権組織と共に、Adidasにアプローチする。Adidasは、消費者ボイコットの可能性を嗅ぎ取り、逃げ腰となる。企業は、エルサレム自治体に「明確化」を要求する。 それは何を意味するだろう? 時間 (と持続性) が告げるだろう。

(Maariv記事全訳 [ヘブライ語から英語] 翻訳省略)

全文と地図:Coteret

アーカイヴ:市議会議員がAdidasに:エルサレムマラソンをボイコットせよ(12月08日)
posted by mizya at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。