2010年12月15日

破壊、破壊、破壊

イスラエル軍がエルサレムの建設中の家屋2棟を破壊
2010年12月14日

エルサレム (Ma'an) -- 東エルサレムの、どちらも建設中のパレスチナ人家屋2棟が、火曜日午前、家屋が許可を欠いていると述べる破壊命令をブルドーザが遂行し、イスラエル軍により破壊された。

 被占領東エルサレムのRas Al-AmudとSur Bahir地区の家屋は、自治体からの要求でイスラエル裁判所により認可された破壊命令を受けた、推定6万棟のうちの2棟である。

(略)

 国際的、あるいはイスラエルの、そして国連機関の第三者は、イスラエルが支配する東エルサレム地区で、建設許可を得る事は不可能に近く、多量の遡及的許可計画の地域的ロビー活動努力、あるいは、東エルサレムがパレスチナ支配に戻って建物が適法となる望みで、何万もの許可のない建設を引き起こしていると注意喚起する。

(略)

全文:Ma'an News Agency

ベドゥインコミュニティの井戸がイスラエル軍により破壊
2010年12月14日火曜日

ヘブロン (Ma’an) -- ヘブロン南部の丘の小さなベドゥイン露営で、火曜日、井戸5つと小屋数棟が、イスラエル民事行政当局により破壊されたと、地元住民は語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 雨量の極端に少ない地域での水の使い方を知らないやつは出て行け。水の使い方も文化、イスラエルが地域の水を干上がらせているのに、危機だからといって強奪していっては、強奪するものもなくなるだろう。イスラエル人は元いた国に帰れば事足りるだろうが、何世紀も根付いて生きてきた人びとは、そうはいかない。

イスラエル当局がロッドのパレスチナ人家屋破壊
2010年12月13日

images_News_2010_12_13_demolition_300_0.jpg

ロッド、(PIC)-- 多くの警察官と国境警察により護衛されたイスラエル自治体チームは、月曜日、1948年に占領されたパレスチナ中央、ロッドで、許可なしの建物との口実で、パレスチナ人家屋7棟を破壊した。

 地元筋は、警官隊が、銃口でそれら家屋の住人に銃口を向け追い立てたと語り、市民の資産は大きなコンテナで、何処とも知れぬ場所に運ばれたと付け加えた。

 嵐の天候条件と極端な寒さにも拘らず、警察官らが、女たち、子どもたち、老人たちを、家から投げ捨てたと、彼らは語った。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

関連記事:「警察がロッドの家屋7棟を破壊」International Middle East Media Center
2010年12月13日月曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies
イスラエル警察は、火曜日、住人を追い出した後、ロッド市のパレスチナ人家屋7棟を破壊した。 警察は、建物が必要な建設許可を得ないで建設されたと主張した。


posted by mizya at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。