2010年12月16日

エルダーズ:中東平和、プロセスでなく

2010年12月13日月曜日

ベツレヘム (Ma'an) -- 「およそ20年の間、中東で和平プロセスがあったにも拘らず、いかなる和平もなかった」と、テーブル脇に着く手順に関するよりむしろ、最終合意の問題に焦点を促し、顕著な指導者たち、元政治家たち集団の声明は、月曜日、述べた。

「現在、交渉へのアプローチ全体を再評価する機会がある」と、エルダーズは、パレスチナ閣僚を討議テーブルに戻らせる努力で、イスラエル入植建設停止を確実にする、米国主導努力の最近の失敗について語った。

 新規努力は、「確固として、国際法に基づき、人権を尊重し、イスラエルと新パレスチナ国家の境界の定義と、闘争の核で他の問題を無視せず、安全保障問題の処理を目的としなければならない。そのような焦点がなければ、わたしたちは、二国家解決の可能性がさらに遠く立ち去るのを見るかもしれない」と、集団は語った。

(署名者名簿翻訳省略)

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:ジミー・カーターとデズモンド・ツツがパレスチナ人解放を求める(12月09日)


posted by mizya at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック