2010年12月19日

パレスチナ解放機構官僚が和平プロセスの米国姿勢に疑問

2010年12月16日

ベツレヘム (Ma'an) -- イスラエルとのパレスチナ解放機構交渉チームのメンバーは、木曜日、パレスチナが和平プロセスでの強力な米国役割を支持した間、オバマ政権はもっとすることができたと語った。

 Mohammad Shtayyehは、水曜日のパレスチナ国家の一方的承認に反対するの米国議会の投票を批判し、アメリカが何故一方的イスラエルの措置に対し、より厳しい方針をとらなかったか異議を唱えた。

「アメリカが、90日間の入植地凍結で、イスラエルを強いる立場にないなら、彼らが西岸の解放を始める準備が整っているとどのようにわたしたちに納得させるのか?」と Shtayyehは、ベツレヘム近くのベイトジャラでの状況説明で語った。

 和平会談は、9月に始まったが、イスラエルが、西岸での入植地建設一時停止を更新しないと決定後、崩壊した。イスラエル首相は、検討したが、結局、彼の右翼政権は、別の一時停止を乗り切れないだろうとの懸念に言及し、3カ月凍結延長の米国努力を断った。

原文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。