2010年12月23日

凍結終了以来:住宅1万3000戸承認

西岸の建設凍結が終了して以来、徹底的建設は、周辺のより小さな入植地で認められる。総理府は「建設が将来の境界に影響しないだろう」と主張する。ピース・ナウ:これは何年間かで最も活動的期間

Yair Altman
2010年12月23日

 西岸での入植建設一時停止が終了して3カ月、入植地は、殆ど前例のないペースで伸びている。

 ピース・ナウ組織のデータによると、作業は、少なくとも1,712戸の新戸建て住宅で始まり、二級入植地すべての殆どで、著しい建設計画がある。これは、辺境でより小さな入植地でことさら目立つ。

(略)

全文:Ynet news.com

追記:関連記事:「イスラエルがエルサレムに入植住宅180戸建設」The Palestine Telegraph

2010年12月22日水曜日
SAMAR MOHAISEN

エルサレム、12月22日 (Pal Telegraph) - エルサレムのイスラエル自治体は、水曜日、南エルサレム、Amlesson地区近くに、入植住宅180戸を建設する新計画を明かした。


posted by mizya at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック