2010年12月23日

恐らくアメリカ人はガザに対する破壊的襲撃の子どもたちの絵を見る準備ができている

スーザン・ジョンソン
2010年12月22日


forchange2011

 一枚の絵は千のことばの価値があり、そしてこのヴィデオはそれを越える。それは、ほぼ2年前に始まったカストリード作戦で、彼らが体験した恐怖を表現したガザの子どもたちにより創造された力強い素描を含む。これらの子どもたちは、イスラエルの行為で引き起こされた痛ましい肉体的・情緒的惨状を共有する。これらの若手アーティストの多くは、彼らがその中を生きた地獄から決して逃れないだろう。

 このヴィデオは、より大きいプロジェクト、2009年6月にわたしたちがガザを訪問した後、Joyce Ravitzとわたし自身により展開された、旅する美術展示「ガザの子どもの視点」の一部でる。アート・セラピーのクラスで素描を見て、わたしたちは、同様の素描の展示が展開され、米国で展示されるべきと感じた。「ガザの子どもの視点」が生まれた!

(略)

全文:Mondoweiss


posted by mizya at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック