2010年12月26日

アラブ人たちは人種差別の脅威で家から逃れる

ムスリム、ドゥルーズ4人が、アラブ人は立ち去らなければならないとラビに告げられた近隣住民が、彼らの住まいを破壊し、車に爆薬を仕掛けると脅迫した後、テルアヴィヴの賃貸アパートから追い出された。「わたしは憎しみにより自尊心を傷つけられた」と、イスラエル国防軍で軍務したアッバスは語った。しかし住民たちは、アラブ人があまり友好的でなかったと主張する:「夜、わたしたちは近所周辺を歩くのが怖い」と女が語る

Hassan Shaalan
2010年12月23日

(本文翻訳省略)

全文:Ynet news.com

 自らの暴力の影に怯えることになる、パレスチナから奪った土地に住んでいるのだから。土地を、家を、水を、文化を奪い取っておいて、「友好的」を期待したのだろうか、女は。


ラベル:人種差別
posted by mizya at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。