2010年12月27日

OECDがイスラエルにナザレの新アラブ大学資金提供を促す

2010年12月24日

組織の報告は、アラブ共同体の高等教育への投資が、経済のための中期的・長期的利益をもたらすと主張する。
Or Kashti

 経済協力開発機構による特別報告は、高等教育計画・予算委員会に、今年前半開始のナザレ学術協会支援に公的資金を投入するよう勧告した。

 報告は、イスラエルの高等教育におけるアラブ住民の代表参加不足を考慮するなら、包括的高等教育を提供するイスラエル最初のアラブ協会である、協会への適切な支援を確実にする方法を採らなければならないと述べた。OECDはまた、アラブ共同体の高等教育投資が、経済に、税収入上昇と雇用創出を含む、中期的・長期的利益をもたらすと注意喚起した。

(略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:8ヵ国がOECD観光会議欠席(10月24日)


posted by mizya at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック