2010年12月28日

イスラエル軍勢800名が発火地点、ナフハ刑務所を襲撃

2010年12月26日

ガザ、(PIC) -- イスラエル軍勢800名が、日曜日、イスラエルのナフハ刑務所、第11区を襲撃したと、Wa'id囚人協会は語り、動きは、施設での増加する管理的攻撃を目論む、一連の攻撃の最新のものだったと付け加えた。

「夜襲の間、囚人たちは直接暴行を受け、この区の独房12室すべてが空にされ、拘留者たちは、最低限の生活の必要さえ失われた、古く打ち捨てられた区に連れて行かれた。彼らはそこに、冷たい砂漠の気象に曝されながら、48時間残された」。

(略)

 協会は、赤十字と他の人権団体すべてに、そのような犯罪に横たわる危険が、真実の姿で、メディアに到達し得ないと語り、イスラエル刑務所でのパレスチナ囚人に対する暴力を終わらせるため、即刻介入するよう要請した。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

関連記事:「イスラエル占領軍がネゲヴ刑務所襲撃、収監者たちの冬服没収」Sabr
2010年12月24日金曜日

ガザ、(PIC)-- イスラエル刑務所のパレスチナ人収監者を支援する全国最高委員会は、木曜日、イスラエル占領軍がネゲヴ砂漠刑務所を襲撃し、大打撃を加え、パレスチナ人収監者たちのコートや冬服を没収したと語った。(略)

アーカイヴ(どれにするか考えたけどこれ):猫は違法:潜在的テロの脅威(2009年11月23日)
posted by mizya at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック