2010年12月31日

米国がマブフーフ殺害のドバイ調査への協力を断ったとWikiLeaksは示す

2010年12月28日

アラブ首長国連邦は、モサドが2010年1月のハマース最高指揮官暗殺を組織したと主張し、米国に容疑者に繋がるクレジットカード詳細を提供するよう依頼;米国は昨年、そのような要求を受けたことを否定した。

Yossi Melman

(本文翻訳省略)

全文:Haaretz.com

 つまり米国は、ドバイでの暗殺がモサドによるものと認識していたので、ドバイ警察に協力したくなかった、だから調査要請を受けていないとシラをきった。WikiLeaksが公表したドバイ駐在アメリカ大使館からの外交公電で「シラをきった」とばれてしまった。

アーカイヴ:報告:モサドチーフがイギリスに謝罪(12月28日)


posted by mizya at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。