2010年12月31日

パレスチナ自治政府:イスラエルが2010年に子どもたち1,100人を拘束

2010年12月29日水曜日

ラマッラ (Ma’an) -- イスラエル軍が、2010年に、パレスチナの子どもたち1,100人を拘束したと、パレスチナ自治政府拘留者業務省は、水曜日、語った。

 逮捕は、500人の子どもたちが拘束された東エルサレムと、ヘブロンに集中していると省は知った。

 パレスチナ自治政府拘留者業務大臣、イッサ・カラケは、高い数字がことさら、子どもたちがしばしば自宅軟禁に置かれる被占領東エルサレムで、組織的に子どもたちを追跡するイスラエル政策を反映すると語った。

 報告で、省は、囚人たちが、墓のような独房で孤独な幽閉に常に保たれると語った。 ハサン・サラメやアフマド・アル-ムグフラビを含む囚人たちの何人かは、そのような非人間的状態で、8年以上を費やしてきた。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 独房でなければ、刑務所で、彼らは学ぶことができる。政治囚たちの中には高学歴(学歴を信頼するのではないけれど、パレスチナのように占領下、土地家屋財産に依存できない場合、学歴は唯一夢を叶える手段となり得る)の者も多く、どんな専門分野さえ、容易に教官がみつかるらしい。でも「墓」に閉じ込められてしまっては、学ぶことさえ適わない。本も許可されず、仮に読むものがあったとしても読むための明かりはないだろう。


posted by mizya at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。