2011年01月01日

パレスチナに関し米国ははぐれ国家

世界人口の80-90%をカバーする国が、パレスチナを国家として承認する。イスラエルにへつらう米国は際立つ

John Whitbeck
guardian.co.uk
2010年12月29日水曜日

Palestinian-protesters-007.jpg
抗議者たちはガザへのイスラエル攻撃2周年を標すデモンストレーションでパレスチナ国旗を振る。 Photograph: Mahmud Hams/AFP/Getty

 12月17日にボリヴィアは、1967年以前境界全体(ガザ回廊と東エルサレムを含む西岸のすべて)の中でのパレスチナ国家の外交的承認を広げた。ブラジルとアルゼンチンの似通った承認に即刻続き、ボリビアの承認は、その独立が1988年11月15日に宣言された、パレスチナ国家を承認する国連加盟国の数を106ヵ国とした。

 未だ外国の好戦的占領下にある一方、パレスチナ国家は、主権国家のための慣習上の国際法評価基準すべてを有する。その領土のいかなる部分も、他のいかなる国の主権領域としても、(イスラエルを除けば)他のいかなる国によっても認められておらず、実際にイスラエルは、その領域の小さな部分 - 拡張東エルサレム - に主権を主張するのみで、残った領域の主権を、字義的にも法的にも論議しないままとする。

 この脈絡において、外交的承認を拡大する諸国の量同様質を考察することは、あるいは啓蒙的かもしれない。

 世界で最も人口の多い9ヵ国のうち、8ヵ国(米国を除くすべて)が、パレスチナ国家を承認する。世界の最も人口の多い20ヵ国のうち、15ヵ国(米国、日本、メキシコ、ドイツ、タイを除くすべて)が、パレスチナ国家を承認する。

 対照的に、コソボ共和国を独立国家として現在承認する国連加盟72ヵ国は、最も人口の多い9ヵ国のうち1ヵ国のみ(米国)、最も人口の多い20ヵ国のうち4ヵ国のみ(米国、日本、ドイツ、トルコ)を含んでいる。

(略)

全文:guardian.co.uk

 あけましておめでとうございます。毎年のことながら屠蘇を呑みすぎて、でも大晦日、一日かけて「おせち」を準備したから、年が明けてしまえばこのようにコンピュータに向かうことができている。
 ニッポンがパレスチナ国家を承認していないとはいえ、わたしは承認している。アジアの超大国を自認しながら、アジアの国、パレスチナの蹂躙に加わるニッポン政府の情けなさ。記事を読んですぐ思いつくのが better place、米国を本拠とするイスラエル企業、ニッポン経済産業省、資源エネルギー庁の膨大な助成を受ける。better placeが事業を展開する国は、ニッポン、イスラエル、米国、次のターゲットはドイツあたりか、などと、上の記事は思いつかせる。「悪の枢軸」に、いつも加わっているな、ニッポンは。


posted by mizya at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。