2011年01月01日

クネセトアラブ議員がイスラエル文部大臣にヤーファ校でのアラビア語禁止を調査するよう求める

2010年12月30日

ナザレ – PNN - クネセトのイスラエル・アラブ大臣 (MK)、イスラエルのイスラーム運動の代表で、クネセト教育委員会のメンバー、Masoud Ganaimは、木曜日、イスラエル文部大臣、Gideon Sayerと、教室で生徒たちとアラビア語で話すことを禁じられたヤーファの学校長の問題で、論議すると請け合った。

 アラブ人生徒は、事件が起こり、校長の正当化がアラビア語は「不適当」ということだった、ヤーファの「学校 Z」のおよそ半分を構成する。Ganaimによると、ロシア人イスラエルの生徒たちが、ロシア語で話すことが許されているのに、イスラエルの公用語であるアラビア語が禁止されたなら二重基準を呈する。

(略)

全文:Palestine News Network


posted by mizya at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。