2011年01月04日

抗議者の死はイスラエル国防軍が最も危険な催涙ガスを使用している可能性を示す

2011年01月03日

ジャワヒル・アブ・ラフマは、金曜日の分離壁に反対するデモンストレーションで、イスラエル国防軍兵士らにより発砲された催涙ガスの結果、土曜日に死んだ。
Avi Issacharoff and Anshel Pfeffer

 西岸の村、ビリンの分離壁近くでの週1回のデモンストレーションにおいての、最近の抗議者の死を治安当局が調査する時、イスラエルの催涙ガス弾使用についての疑問が表面化している。36歳の女性、ジャワヒル・アブ・ラフマは、土曜日の朝死んだ。

 アブ・ラフマが運ばれたラマッラ病院で綴られた医療報告は、彼女の死が催涙ガス吸入から生じた呼吸不全に起因すると示す。

 Haaretzは、日曜日、ジャワヒルの兄弟、アフメド・アブ・ラフマから、医療報告を入手した。

 ジャワヒル・アブ・ラフマは、2009年4月、ビリンのフェンスでのデモンストレーションで、イスラエル兵士らが、その胸に催涙ガス弾を発砲して殺戮されたバシム・アブ・ラフマの姉だった。アフメド・アブ・ラフマには、生き残る兄弟3人がおり;彼らの父親は、5年前に死んだ。

(略)

 イスラエル国防軍は、半世紀前にイギリスと合衆国で開発された、CSとして知られる群衆分散催涙ガスを使用する。それは、世界中の軍隊と警官隊により使用される。近年、多くの調査が、このタイプのガスに疑問を投げかけた;CS催涙ガス吸入により引き起こされたいくつかの死亡の報告がなされてきた。

「CSガスによりもたらされた被害の範囲の影響の主要因のひとつは、空気中の粒子の量である」と、分離フェンスに反対するデモンストレーションにいつも参加するイスラエルの医師、ダニエル・アルゴは語った。(略)

ガスによる眼と肺の損傷

 アルゴは、最近の眼と肺の損傷、および皮膚病は、CS催涙ガスの使用に関連づけることができると語る。

(略)

全文:Haaretz.com

関連記事:「ジャワヒル・アブ・ラフマを殺した催涙ガス弾は『米国製』の可能性」Mondoweiss
JEFF KLEIN
2011年01月01日

ビリンのAhmed Moor報告に関して:

 それら催涙ガスゴム弾 (1カ所に貼り付くよりむしろ弾んでガスを広げるためのゴム) は「米国製」。わたしは、40mm催涙ガス弾もまた米国製と考えている。

 これは、西岸の村、ビリン外れでの、アパルトヘイト壁に反対するデモンストレーションで、イスラエル軍によりわたしたちに投げられた催涙弾のひとつだ。それは、ワイオミング、カスパーに本社を置く、Defense Technology Corporation of Americaにより製造された - http://www.defense-technology.com/:

image002.jpg

     「アメリカ製催涙ガスはまた被占領東エルサレムで発砲される」Mondoweiss
PHILIP WEISS
2011年01月02日

 リサ・ゴールドマンは、去年9月、東エルサレム、シルワンに発砲された催涙ガスキャニスターのこの写真を撮った。やはり米国製。シルワンで、ユダヤ人植民地は、旧市街のシオン門(ってどれかしら、聞いたことがない - mizya)すぐ下のパレスチナの土地を略奪している。

goldman.jpg


posted by mizya at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。