2011年01月06日

イスラエル当局がベイトハニーナの家屋を破壊

2011年01月05日

エルサレム (Ma’an) -- エルサレムのイスラエル当局は、火曜日早朝、旧市街の北、ベイトハニーナ地区で、地区で2番目となる破壊を遂行した。

 目撃者は、ブルドーザが、午前4時30分に住宅地域に到着し、2000年に建設されたと言われるNayif Uweida所有の125平米の家屋を破壊したと語った。

 破壊を見ていた近隣住民は、Uweidaの家屋に隣接する家屋も、破壊で損傷を受けたと語った。

(略)

 Uweidaの友人は、それが、破壊された彼の所有する家屋の3軒目で、1軒目は2008年シュアファト地区で、2軒目は2009年、ベイトハニーナの農業用建物だったと語った。

 月曜日に、イスラエル当局は、6年の法的論争後、東エルサレム、シェイフジャッラ地区近くのパレスチナ人家屋の一部を破壊した。家屋所有者は、法廷が、彼に購入の余裕がない周辺地域での計画提出を建築許可の条件としたと語った。

 水曜日、イスラエル軍は、当局が許可なしに建設されたと語る、東エルサレム、アットゥル地区の構造物11棟を破壊した。

 パレスチナ人は、東エルサレムでの建設でイスラエルの許可を確実とするのは実際不可能と語る。

全文:Ma'an News Agency

関連記事(画像6点):「フレンチ・ヒルでパレスチナ人資産破壊」Wadi Hilweh Information Center - Silwan
2011年01月03日月曜日

フレンチ・ヒル - エルサレム (SILWANIC) -- エルサレム自治体は今日、エルサレム北部、フレンチ・ヒル地区で、パレスチナ人資産を破壊した。寝室ひとつと隣の浴室だけを残し、125平米の家屋の100平米が、押しつぶされた。(略)

هدم-1.jpg


posted by mizya at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。