2011年01月08日

シルワン活動家が釈放命令後数時間で再逮捕

2011年01月07日

エルサレム (Ma'an) -- シルワン活動家、ジャワド・シヤムは、裁判官が刑務所からの彼の解放を命じた1時間半後、金曜日午前、イスラエル警察により再逮捕された。

 シヤムは、シルワンのWad Hilweh情報センター所長だ。彼は、水曜日に拘束され、1日の判決がもう48時間延長された。

 イスラエルの監視集団、checkpointwatch(検問所監視)によると、警察は、容疑者にもその弁護士に示されない「機密の証拠」を裁判官に提出した。

原文:Ma'an News Agency

 イスラエル占領軍の「機密の証拠」というのはつまり、証拠はないということだ。証拠はないが「逮捕」したからには裁判官の裁量で「有罪」にしろといっているに等しい。無法国家なのだ。


posted by mizya at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。