2011年01月08日

イスラエル占領軍の弾丸13発がパレスチナ年配男性の頭蓋と心臓を貫通

2011年01月07日

アル-ハリール(ヘブロン)、(PIC)-- ハッジ、オマル・アル-カワスミ、65歳は、金曜日朝、午前4時15分、イスラエル占領軍部隊が、彼をワーエル・アル-ビタールと間違え、彼のアパートに密かに潜入し、まっすぐ彼の寝室に行き、弾丸13発で、彼の脳を床にはね散らし、頭と上半身を穴だらけにした時、ベッドで眠っていた。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

関連記事:「パレスチナ人がイスラエルの襲撃で殺された」AlJazeera

家族は、兵士らが、パレスチナ刑務所から釈放されたハマース闘士狩りで、眠っている男を誤って射殺したと語る。
2011年01月07日

イスラエルヴァージョン:「ヘブロン男の妻:彼を撃った部隊に処罰を」Ynet news.com

65歳のオマル・カワスミの死を調査するイスラエル国防軍は、疑わしい行動故、兵士らは射撃を開始したと主張する。 彼の妻は説明を拒絶、Ynetに語る:「彼らは嘘をついている、彼らが殺したとき、彼は眠っていた」。師団長:そのような悲劇的事件は起こる
Hanan Greenberg
2011年01月07日


posted by mizya at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。