2011年01月09日

報告:チリがパレスチナ国家独立承認

2011年01月07日

チリ大統領、セバスティアン・ピニェラの発表は、エクアドル、ボリヴィア、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイによるパレスチナ公式承認に続く。
Haaretz Service

 チリ大統領、セバスティアン・ピニェラは、木曜日遅く、独立パレスチナ国家を公式に承認すると発表したと、中国の新華社は木曜日、報じた。

 ピニェラの発表は、エクアドル、ボリヴィア、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイを含む、他のラテンアメリカ諸国によるパレスチナの公式承認に続く。

(略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:パレスチナに関し米国ははぐれ国家(01月01日)


posted by mizya at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。