2011年01月10日

パレスチナ自治政府は西岸入植地を非難する決議で来週国連投票を求める

2011年01月07日

米国が決議を支持するかどうかは、明確でない;米国は以前、決議が両サイドを和平協定に近づけないだろうと語った。
Associated Press

 パレスチナは、イスラエルがすべての入植活動を即刻、完全に停止することを要求する、来週の国連決議投票を望んでいると、パレスチナ外交官は、木曜日に語った。

(略)

全文:Haaretz.com

関連記事:「イスラエルを制御するよう安全保障理事会に圧力増す」ISP
Haider Rizvi

国連、2011年1月6日 (IPS) - イスラエルが、市民に対する武力行使を増大させ、パレスチナ領域に新たな入植地建設を継続する中、中東の状況に向けた迅速な国際的対応への要請は増大している。

 しかしながら、安全保障理事会15ヶ国が、国連・合衆国・ヨーロッパ連合・ロシア主導の立ち往生する和平プロセスを回復させるため、即刻のいかなる措置をも取ろうとする徴候はない。
(略)


posted by mizya at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。