2011年01月11日

2004年イスラエル国防軍調査:催涙ガスの高い集中は致命的

2011年01月07日

パレスチナ人とイスラエル人何百人もが、ジャワヒル・アブ・ラフマ追悼式に続く、金曜日の週1回のデモンストレーションに来ると思われる。
Anshel Pfeffer

 イスラエル国防軍は、パレスチナ人がイスラエル兵士らが発砲した催涙ガスのせいにする、先週のジャワヒル・アブ・ラフマの死の、まだ調査中にも拘らず、デモンストレーションを分散するため使用するCS催涙ガスは安全と、主張し続けている。

 イスラエル国防軍は、彼女が前からの持病で死んだということを含め、他の可能性を調べている。

 7年前、イスラエル国防軍医療兵団は、イスラエル医学雑誌「Refuah」と海外の定期刊行物「毒物学のアーカイヴス」の両方に、CSガスに関する研究を発表した。

 動物実験に基づくその研究は、人を殺すため、デモンストレーション分散に使用する量の800倍から5,600倍大きい量を必要とすると結論した。

 にもかかわらず、特定の場所でのガスの高い集中は、深刻な、あるいは致命的危害をさえ引き起こす場合があり、したがって、ガスが無毒とは考えられないと付け加えた。

 ここ11年間、ビリンで、イスラエル国防軍は、一度に同じ場所に、ガスの厚い雲を引き起こすキャニスター6個を発砲できる、催涙ガス擲弾発射機「Ringo」を使用し始めてきた。パレスチナ人は、アブ・ラフマが、そのような雲に襲われたと語る。

 Haaretzが、医療兵団調査にかかわった医師の何人かに連絡すると、彼らは、研究が必ずしも今日の条件に妥当とというわけでないと語り、コメントを断った。

(略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:ビリン婦人の死に関するイスラエル報道でHaaretzがHaaretzをこきおろす(01月07日)


posted by mizya at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。