2011年01月13日

ボイコット総括:米国催涙ガス製造元CSIがイスラエルへの販売中止に駆立てられる

報告
The Electronic Intifada
2011年01月10日

110110-tear-gas.jpg
活動家たちは、催涙ガスの米国製造業者に、イスラエル軍への製品提供停止を求めている。 (ActiveStills)

 米国の活動家4集団が、催涙ガス製造会社に、被占領西岸、ビリン村でのイスラエル軍により発砲の催涙ガスを吸い込み、2011年1月1日、重度の呼吸困難によるジャワヒル・アブ・ラフマの死に続き、イスラエル軍への製品提供を停止するよう求めている。

 Adalah-NY: イスラエルボイコット・ニューヨーク・キャンペーン、Code Pink、和平のためのユダヤ人の声、イスラエル占領終結米国キャンペーンは、1月3日、米国拠点のCombined Systems, Inc (CSI) への、「被占領パレスチナ領域で、抗議者たちを殺戮し傷害を負わせる、イスラエル軍によるCSI群衆制御装置の継続的・予見可能な悪用への対応として、イスラエル政府へのCSI器機の提供を中止する」よう促す書簡を発表した ("Combined Systems, Inc, Stop providing equipment ...," 3 January 2011) 。

「この2年間だけで、イスラエル軍は、西岸、ビリン村の一家族の平和的抗議者ふたりを殺し、米国の平和的抗議者ふたりに重傷を負わせ、そして大変多くに重傷を負わせるため、貴社製品を使用してきた」と、書簡は述べた。「イスラエル人権集団、B'Tselemによると、別のパレスチナ人ふたりが、2002年、イスラエルの催涙ガスにより殺戮された」。

 書簡は、CSIによりイスラエル軍に送られた催涙ガスキャニスターが、米国政府軍事援助パッケージの一部としてイスラエルに提供された -- 米国納税者の金で、資金提供された可能性を付け加えた。

(略:総括だから他のボイコットにも及んでいる)

全文:The Electronic Intifada


posted by mizya at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。