2011年01月17日

イスラエル政府がユダヤ「嘆きの壁」用地拡張でムスリム地区に侵攻

2011年01月16日日曜日
Saed Bannoura - IMEMC News

エルサレムのムスリム指導者が「挑発」と呼ぶ動きで、イスラエル政府当局は、イスラエル観光省による拡張に反対する勧告にも関わらず、土曜日、パレスチナ17家族により、彼らの家屋への出入りに使用される路地 - Rabat al-Kurdとして知られる領域に「嘆きの壁」祈り用地拡張を決定した。

rabatalkurd.jpg
Rabat al-Kurd (photo by Ir Amin)

 イスラエル組織、Ir Aminの長、Danny Zeidmanは、イスラエル新聞、Ha'aretzの記者に「ユダヤ人過激派に、ムスリム地区中心への出入りを許すなら、解決できる政治的闘争を暴力的宗教の闘争に変える危険をもたらす」と、語った。

(略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:エルサレム自治体が嘆きの壁祈り敷地拡張のためイスラーム教地区に入る(01月15日)


posted by mizya at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。