2011年01月19日

シルワンの十代が再-逮捕

2011年01月16日日曜日

シルワン、エルサレム (SILWANIC) -- イスラエル軍は、シルワン住人、ムサブ・シューヒー、18歳を、既に自宅軟禁に服しているとき再逮捕した。シューヒーは、自宅軟禁の期日を破った廉で、警察により彼の家から連れ去られた。

 告発は、伝えられるところでは、エラドの仲間入植者により撮られ、警察に引き渡された、シューヒーが家の外の彼の家族の農地で働く写真に基づいた。問題の入植者が実際、パレスチナ人、国際連帯活動家、ジャーナリストに投石している写真もまた存在するが、彼は警察により調査されたことはない。これは、支える証拠が殆ど、あるいは全くないまま、投石の薄っぺらな告発で頻繁に逮捕されるシルワンと他の地域のパレスチナの子どもたちとの際立つ対比を成す。

DSC_0918.jpg

DSC_0921.jpg

DSC_0933.jpg

原文:Wadi Hilweh Information Center - Silwan


posted by mizya at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。