2011年01月19日

メドベージェフ:1988年同様、ロシアはまだ独立パレスチナを承認する

2011年01月18日

ロシア大統領は、西岸でのパレスチナ自治政府大統領、マフムード・アッバスとの会談後発表する;イスラエル当局は、中国を含む他の諸国に、ロシア主導に続くドミノ効果を引き起こすと承認を怖れる。

Barak Ravid and Reuters

 ロシア大統領、ドミトリー・メドベージェフは、火曜日、モスクワが1988年に独立を承認し、旧ソ連により採択された立場を変えていないと語り、パレスチナ国家を支持した。

 イスラエルに占領された西岸への、ロシア元首として初めての訪問で、メドベージェフは、彼が代表する現代ロシア連邦によるパレスチナ国家承認の響き渡る宣言発表までには至らなかった。

「ロシアの立場に変わりはない。ロシアは昔にその選択をした… 我々は、東エルサレムを首都とする独立国家への、パレスチナ人民の不可分の権利を支持したし支持していくつもりだ」と、メドベージェフは語った。

(略)

 メドベージェフは、彼の旅行のイスラエル行程をキャンセルさせたイスラエル外務省衝突により要求の、国家元首としては稀なルート、ヨルダンのアンマン空港から護衛車列を組んで、歴史的アレンビー橋を渡って陸路西岸に入った。

(略)

 メドベージェフは、通常、最初の停止位置がイスラエルとなることに明確に関連して -- 「これは、他の国への訪問と連動しない、パレスチナへの、ロシア大統領初の訪問である」と注意喚起して、パレスチナから拍手喝采を引出した。

 ロシアは、中東和平交渉を監督する国際的権力「カルテット」を構成する合衆国、ヨーロッパ連合、国連のパートナーである。

(略)

全文:Haaretz.com

関連記事:「イスラエルがロシアのパレスチナ国家承認を懸念」Haaretz.com
2011年01月18日

ファタハ閣僚、ナビル・シャアスは、アル・ハヤト新聞に、ドミトリー・メドベージェフが、西岸訪問で、1988年のソ連のパレスチナ国家承認を確言するだろうと語る。
Barak Ravid


posted by mizya at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。