2011年01月21日

生命維持に必要な医薬の枯渇が近づきガザ住民400人が危険に陥った

2011年01月18日

ガザ、(PIC)-- ガザ厚生大臣、バッシム・ナーイムは、ガザの腎臓患者400人が、世界保健機関により提供された透析液が尽きようとする瀬戸際で、危険に晒されていると語った。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

 手が回らず掲載しなかったけれど、ガザでは母体の栄養不良から未熟児での誕生が激増していて、外国から派遣される医師団に衝撃を与えている。イスラエルによるガザ封鎖はジェノサイド以外の何ものでもない。
 掲載するニュースは何もない、といった日を夢見ているのだけれど...


posted by mizya at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。