2011年01月21日

イスラエルはパレスチナ独立を止められない

2011年01月19日

イスラエルが行っている「外交引き延ばし戦術」は、部分的成功を味わってきたが、世界は徐々にパレスチナが今夏、国際社会に加わるという考えに馴染んできている。
Aluf Benn

 彼らは、エルサレムの夏の暑さの中に出かけ、サラディン通りを旧市街の壁に向け行進するだろう。パレスチナ人50人、次に100人、次に200人、そして1,000人、そして10,000人。行進しながら「イスティクラル」、独立、と叫ぶ。彼らがエフード・バラクの新党、Atzmaut (ヘブライ語で独立) を支持するからでなく、グリーン・ラインを越えた領土からイスラエルを追い出し、そこにパレスチナ国家を築くために。丁度チュニジアのデモンストレーターがZine al-Abedine Ben Aliを追い払ったように。

 イスラエルはどのように反応するだろう?  世界中からのカメラの前で、デモンストレーターに発砲し、彼らを殺すだろうか? 国家関係の大失態。無許可デモンストレーション遂行で数千人を投獄するだろうか? 現実的でない。パレスチナ自治政府を非難するだろうか? 無関係。 そして、デモンストレーターが、国際的共感と国際ニュースメディアすべてに支持された、行進を日々維持するならどうなるだろう?

 その研究者、シャウル・ミシャルとドロン・マッツァがホワイト・インティファーダと呼ぶこのシナリオは、パレスチナが、独立国家取りかかりを宣言すると決めた目標日として、8月か9月に起こるかもしれない。(略)

全文:Haaretz.com

 この記事のように展開してくれたなら、記事を翻訳しないで済む日がくるかもしれない。無料で100MB使えるこのブログサイトで、最近、半分の50MBを越え、現在52MB使っている。100MBになったなら、役割を終えるつもりでいるけれど、100MBの分量がこれほど多いと、始めるときは思わなかった。100MBに達せずに役割を終えることができたならどれほどいいだろう。


posted by mizya at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。