2011年01月25日

パレスチナ文書:明かされた「ナプキン・マップ」

パレスチナ文書は、2008年半ば、マフムード・アッバスに提示されたイスラエル土地交換地図の翻案を含む。
Gregg Carlstrom
2011年01月23日

 パレスチナ自治政府は、イスラエル政府に、東エルサレムの違法イスラエル入植地の事実上すべての併合を申し出る、空前の土地交換を提案した。

 しかし、イスラエル政府は代わりの譲歩を申し出なかったばかりでなく - パレスチナ文書が今、明かすように - さらに攻撃的土地交換で応じた:イスラエル首相、エフード・オルマートは、ガザ回廊と西岸沿いの人口まばらな農地と引き換えに、西岸のさらに10%以上(マアレ・アドミン、アリエル、他の主要入植地を含む)の併合を望んだ。

201112313133279738_9.png

 イスラエルの申し出は、その表現がパレスチナ文書で初めて明かされる「ナプキン・マップ」と口語的に呼ばれるパレスチナ翻訳に記録される。

 オルマートは、2008年半ば、マフムード・アッバスに会い、提案交換地図を彼に示した。アッバスは、地図のコピーを貰えなかったので、73歳のパレスチナ大統領は、ナプキンに描き取らなければならなかった。

(略)

2011123131317780811_9.png

全文:AlJazeera

 届くニュースのすべてが、AlJazeeraが入手した「パレスチナ文書」に関するものと言っても過言でない。「パレスチナ文書」「パレスチナ文書」「パレスチナ文書」だらけ。とりあえず「関連記事」は省略して速報ということで...


posted by mizya at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。