2011年01月26日

漏洩パレスチナ文書への反応

パレスチナ交渉者たちは記事を、偽り・でっち上げ・半面の真理として、憤り退ける

Chris McGreal in Washington
The Guardian
2011年01月24日月曜日

 イスラエルとの交渉の機密報告で名指されたパレスチナ交渉者たちは、偽り・でっち上げ・半面の真理として、それらを憤って退けたとき、ユダヤ国家に被占領東エルサレムの入植地と他の居留地を維持させる彼らの申し出に関して、同様に不利な反動があった。

 記録で名指された主導的パレスチナ交渉者2人、サーエブ・エレカットとアフメド・クレイアは、漏洩に激しく反応した。エレカットは、それらを「偽りの束」と呼んだ。クレイアは「記録の多くの部分は、パレスチナ自治政府とパレスチナ指導部に対する煽動の部分として、捏造された」と主張した。

 しかし、交渉チームでふたりの男の元同僚だった、ダイアナ・ブットは、イスラエルに、エルサレム内のユダヤ人入植地のひとつを除き、すべてを保持させる2008年の彼らの秘密の提案を、衝撃的でパレスチナ人民の願望に「疎い」と呼んだ。

 彼女は、エレカットに辞職するよう求め、譲歩は事実上、エルサレムの大きな分け前で、ユダヤ人入植地拡張を継続するイスラエルの戦略が実現することを意味すると語った。

(略)

全文:guardian.co.uk


posted by mizya at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。