2011年01月26日

Elad守衛らがシルワンの泉支配を強める

2011年01月23日日曜日

シルワン、エルサレム (SILWANIC) -- Eladに雇われた入植地守衛らが、今日、外国人旅行者が、ワディ・ヒルウェのエイン・シルワンに入るのを妨げたと、目撃者たちは語る。繰り返し生じる事件になっていることで、訪問の観光客は、その領域が守衛らの支配下にある、地上の隣接するモスクのイスラーム教ワクフ(公的宗教財団)により所有の南側入り口を通ってエイン・シルワン(シルワンの泉)に入るのを拒絶された。

 Eladは、北側入り口とシルワン・プールに通じるトンネルを含む、ワディ・ヒルウェのパレスチナ地区にあるすべての観光地の支配を独占する。観光名所のかなりの大多数は、Eladにより、地域に、彼ら自身の観念的権力を促進するダヴィデの都市の考古学的発掘といったことで用地を使用する、政治的獲得のため搾取される。アラブとイスラームの遺産は、長いパレスチナの歴史と、今日村を故郷と呼ぶ5万人以上のパレスチナ人の存在にも拘らず、人びとに、シルワンの純粋に聖書的ユダヤ歴史の幻想を提示するため、注意深く修正される。

Silwan-spring-1.jpg

原文と画像3点:Wadi Hilweh Information Center - Silwan

 イスラエルが考古学で正当性を立証したいなら、パレスチナでなく、アラビア半島を掘り返した方がいい、といった書物について、下記、アーカイヴの記事のコメントでわたしは書いた。『聖書アラビア起源説』、引き込まれる書物だったし、それは現在も変わらない。旧約聖書の矛盾を明快に説明している。

アーカイヴ:報告:イスラエルが審議なしに旧市街の改修を計画(2010年03月02日)


posted by mizya at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。