2011年01月27日

イスラエルはアパルトヘイト国家か? 南アフリカ調査はイエスと言う

soysauce
2011年01月21日金曜日

 国際法は、アパルトヘイト犯罪を「制度化された政権の系統的弾圧、人種集団のひとつによる、他のいかなる人種集団あるいは集団群の支配の文脈でなされた、そしてその政権を維持する目的でなされた」人類に対する行為と定義する。

 南アフリカの人間科学研究協議会は、2009年、西岸、ガザ、東エルサレムのイスラエル占領がアパルトヘイトを構成する仮説を調べる調査を任命した。調査は結論を下した:

イスラエルは、OPT(被占領パレスチナ領域)のパレスチナ人に、その支配を維持する意図の政策を、実行しており持続しており、そして、それら政策へのいかなる形の反対をも抑圧すると、明らかに思える。南アフリカのアパルトヘイト実践の比較分析は、この報告のアパルトヘイト分析の至る所で撚りあわされ、アパルトヘイトの意味を定義するよりむしろ解明する。

確かに、南アフリカで適用されたそれと、イスラエルのOPTでの政策と実践のアパルトヘイトの間の違いは明白だ。それにもかかわらず、ふたつのシステムは、同様の支配特徴により定義し得る。


(略:同様の支配特徴の詳述)

全文:Daily Kos


posted by mizya at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。