2011年01月29日

Iraq Burinで入植者らがパレスチナ人殺害

2011年01月27日
人民闘争調整委員会


 ウダイ・マヘル・ハムザ・カドゥース、19歳は、Iraq Burinの彼の土地で農作業していて、入植者らに殺害された。軍部隊は、Iraq Burin村を占拠した。

 19歳のウダイ・マヘル・ハムザ・カドゥースは、今日午後、ナブルスに近いIraq Burinの彼の土地で農作業中、射殺された。Barchaの入植者らが農地に入り、ウダイの腹を撃ったとき、カドゥースは、Iraq Burinの西側で、いとこ、オメル・アフマド・カドゥースと共に農作業していた。オメル・アフマド・カドゥースは、事件の全部を見、発砲の前、入植者らとの衝突はなかったと報告した。彼は、入植者らが農地に入ると撃ち始めたと語った。カドゥースは、現場からナブルス病院に運ばれたが、到着すると死亡を告げられた。軍は現在、Iraq Burin村を占拠しているが、衝突は報告されていない。

(略)

全文:International Solidarity Movement


posted by mizya at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。