2011年01月31日

十代が入植者らに撃たれ病院で死亡

2011年01月30日

ヘブロン (Ma’an) – パレスチナの医療情報筋は、金曜日夜、ティーンエイジャーが、ヘブロン北部の近くの違法入植地の入植者らに頭を撃たれた数時間後、17歳のユーセフ・イフレイルの死亡を発表した。

 少年と、ふたり目の村人はどちらも負傷、ふたり目の負傷者は軽傷を被った。その入植者の発砲事件は、何日間かで2回目だった。

 木曜日、19歳のウダイ・マヘル・カドゥースは、いとこと共に、西岸北部の村、Iraq Burin近くの彼の土地で仕事をしている時、撃ち殺された。

 イスラエル軍は、金曜日、どちらの事件をも非難し、入植者容疑者らが逮捕されたと語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 1度目の発砲事件でこの入植者を逮捕していたなら、今回の射殺事件は起こらなかった。放火や土地・家屋の強奪を見逃してきたから、入植者らの暴力はエスカレートしてきたのであって、イスラエル政策の結果に他ならない。占領地に入植者というギャングの手合いを放ったイスラエルの口先だけの非難など聞きたくない。殺戮者である入植者らにどのような刑罰が下されるのか見てゆきたい。

関連記事:「入植者が農夫を撃ってIraq Burinが閉鎖」Ma'an News Agency

2011年01月28日金曜日

ナブルス (Ma'an) -- 木曜日、入植者らにより、19歳の農夫が撃たれた西岸北部の村、Iraq Burinの地元住民は、多くのイスラエル軍が地域を占領したと語った。

 村人たちは、衝突は起きていなかったと語ったが、遺体が病院から戻った後、殺害されたティーンエイジャーの葬儀が、金曜日午後、執り行われると見られ、対立が予想された。
(略)

アーカイヴ:Iraq Burinで入植者らがパレスチナ人殺害(01月29日)

 閉鎖するべきは、被害者を出した地域でなく、殺戮者がたむろする入植地の方と、イスラエルは思いつかないのだろうか。そもそも入植地なるものが国際法違反なのだけれど...


posted by mizya at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。