2011年01月31日

カイロ抗議者たち:「ムバラクが離れるまでわたしたちはここに留まる」

カイロのタフリール広場で土曜日、抗議者たちは、ムバラク大統領の副大統領と首相の指名は充分ではないと語り、推進力が彼らの側にあるとの確信を表明した。

0129_Friends_full_380.jpg
土曜日、カイロで抗議者たちに担がれたエジプト軍兵士が、スローガンを叫ぶ。抗議者たちは、ムバラクが公職を退くまで止めないと語る。
Goran Tomasevic/Reuters


Kristen Chick、特派員
2011年01月29日
カイロ

 ホスニ・ムバラク大統領に対する大規模デモンストレーションが、警察との猛烈な戦闘に変わった1日後、抗議者たちは、土曜日、カイロの通りに留まり、新政府を任命することで、彼らをなだめようとしてさえ、大統領の放逐をなし得ると確信する。

(略)

 多くのエジプト人は、彼らに、彼ら自身の反乱を奮い起こす勇気を与えたことで、チュニジアの革命を称賛する - そして、両国の反乱の類似性は、ムバラクにとって良い徴候ではない。

「彼が一定の閣僚を変えるだけでは充分ではない」と、土曜日、カイロのタフリール広場で、ムバラクに対し抗議のサインボードを持つHeba Mahrousは語る。「政権全体が変わらなければならない。わたしたちは、ムバラクが離れるまでここに留まる」。

(略)

全文:The Christian Science Monitor


posted by mizya at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。