2011年02月06日

「入域審査委員会」法案が承認準備

アラブ系イスラエル人たちが「人種差別」と呼んだ提案が、クネセト議長、Rivlinの条件を受け入れた後、第2、第3の解釈のため総会で言及された。El-Sana:人々はアラブ人と住みたくない。彼らはアラブ人を殺したい。
Ronen Medzini
2011年02月02日

 国民の抗議と政治的圧力にも拘らず、共同社会入植地での、入域委員会の活動を許可する法案は、水曜日、第2と第3の解釈でクネセトで承認された。

 クネセトの制定・法・司法委員会は、法案に関する、クネセト議長、Reuven Rivlinの条件を受け入れた。修正草稿によると、元来の草稿で500家族に対し、最大400家族までの共同体のみが、受理委員会任命を許されるだろう。加えて法は、国全体でなく、ネゲヴとガリラヤの共同体入植地に適用されるのみだろう。

 アラブ人議員は、法案が、高等裁判所判決に反する一方、ユダヤ人コミュニティに住居を購入することをアラブ人に妨げる目的と主張した。

(略)

全文:Ynet news.com

 ネゲヴとガリラヤを除けば、他のパレスチナコミュニティのユダヤ人入植地による浸食は、1948年以来、かなり進んでいる。
posted by mizya at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック